結婚指輪の予算は?

結婚指輪と婚約指輪の違い

結婚式に欠かせないのが結婚指輪ですが、婚約指輪との違いを理解している人はあまり多くはありません。そもそも婚約指輪はプロポーズをする際に用意するもので、一般的にはダイアモンドが使われた指輪が好まれます。理由もなくダイアモンドが好まれているわけではなく、ダイアモンドのように固い絆で結ばれ無垢であるという意味が込められています。
金額としては、やはりダイアモンドが使われていますので少々高くなりますが給料の2~3ヶ月分という風にも言われています。デザイン選びで困ることもありますが、普段付けるものではありませんので記念のものとして少々派手なデザインでも構いません。プロポーズする相手の好みに合わせてあげると良いのではないでしょうか。

結婚指輪はグレードを落としても良い

婚約指輪に給料の2~3ヶ月分のお金を使った上に結婚指輪にまでお金をかけるとなると男性の負担も大きくなります。一生に一度なので頑張りたいという声もありますが、これから新生活が始まるのにいきなり金欠では本末転倒ではないでしょうか。
結婚指輪は普段常に身につけているものですので、例えばお客さんと接する機会がある仕事をしている場合あまり派手なデザインは好ましくありません。また、専業主婦でも宝石がリングから飛び出たような指輪では家事をする上で邪魔になります。2人で同じものをつけることになるので、2人の事情を踏まえてデザインを選ぶことが重要です。
婚約指輪とは違って結婚指輪は2つ用意する必要があるので1つの金額は婚約指輪の半額程度でも良いでしょう。見た目も重要ですが身につけていてもおかしくない、劣化しやすいので手入れがしやすいということも大切です。

結婚指輪を大阪の専門店で見つけてください。良いブランドやオシャレな自分だけのデザインがきっと見つかります。